CREATION

ETAJIMA+~CYCLING&GLAMPING BBQ~

~開催までの経緯~

昨年度(2018年)は江田島の地域活性化に貢献したいという思いから、江田島の魅力をぐるりと満喫できる初心者向けのサイクリングマップ「えたじまっぷ」を作成しました。そして今年度、このマップを活用して江田島により多くの観光客を呼びこもうと、考案したのが今回のイベント「ETAJIMA+(えたじまぷらす)~CYCLING&GLAMPING BBQ~」でした。イベント最大の特徴といえる「選べる3つのアクティビティ」や、おしゃれでグラマラスなキャンプ「グランピング」をミックスするなどのこれまで無かった新たなアイデアを加えつつ具体的なイベント内容を決めていきました。

2月にイベント開催への準備をスタートさせましたが、これまで大きなイベントを開催したことがなかった私たちは、分からないことだらけで次々と問題が起きました。本当にこのイベントは成功させることができるのか不安でしたが、一つ一つ多くの人に協力してもらいながら課題を解決していきました。

  1. ~イベントまでの取組~
  2. ① 協賛のご協力のお願いに、約100社の企業にお願いに回りました。私たちの話を熱心に聞いてくださり、多くの企業にご協力いただきました。
  3. ② イベントを開催するにあたって、現地視察を繰り返し行いました。実際にサイクリングをしてみて、景色を何度も自分たちの目で確認しました。イベントで江田島を最大限に味わえるよう、慎重にコースや会場を決め、サンビーチおきみの会場レイアウトを考えたり、江田島の事業所にイベント出店の依頼をしたり、イベントのポスターやチラシを置いてもらう依頼をして回りました。
  4. ③ プレスリリースを作成し、各メディアや観光WEBサイトなどに依頼をしました。新聞の取材、ラジオ出演、企業のイベントでETAJIMA+の紹介と募集の告知をしました。初めて経験することだったのでとても緊張しました。しかし、ラジオや新聞記事を見てイベントに申し込んでくれたお客様もおられ、「記事見たよ」や「ラジオ聞いたよ」などのお言葉を言ってもらえて私たちの活動が伝わっているのだなと実感しました。
  5. ④ 江田島の海の美しさを満喫してほしいという思いから、サンビーチおきみの清掃活動を行いました。1回目は2週間前、2回目はイベント前日に行い、大量のごみを回収できました。その甲斐あって、当日はきれいな砂浜でイベントを開催することができました。