REPORT

全国高等学校生徒商業研究発表大会へ出場 in埼玉

 私たち商業研究部は毎年,生徒商業研究発表大会に出場しています。生徒商業研究発表大会とは,高校生が商業にまつわる様々な研究をし,その研究内容をプレゼンテーションする大会のことです。昨年に続き,今年は県大会,中国大会ともに最優秀賞をいただき,全国大会へ出場することができました。

 

~全国大会~

 当日は朝からとても緊張していましたが,発表時間ギリギリまで何度も確認を行い,発表に臨みました。わずか12分という時間制限の中でよりよい発表をするという「時間との闘い」を繰り返し,1人1人が持てる力を120%発揮し,無事発表を終えることができました。

 今年度は江田島の活性化を目指して3年間取り組んできたまとめの年と位置づけ,発表内容を考えました。今年度新たに取り組んだ活性化イベントを中心に発表を行いました。5月に開催した活性化イベント第1弾「ETAJIMA+~CYCLING&GLAMPINGBBQ~」,そして10月に開催したイベント第2弾「ETAJIMA+~light~」について発表をし,江田島の魅力を全国の人に伝えました。県大会,中国大会よりもレベルアップした内容でプレゼンテーションをすることができました。

 

~全国大会を終えて~

 大会は無事終了しました。発表はこれまでの経験を出し切り,一番良い発表をすることができました。最優秀賞を目指していましたが,結果は優良賞となり,目標には届きませんでした。これまで,多くの人の協力と応援に助けられながら江田島の活性化に取り組んできたので最優秀賞をとって恩返しをしたいという気持ちで努力を重ね,大会に臨みましたが,結果が出せなかったのでとても悔しく,悲しかったです。しかし,江田島の良さを全国大会という大舞台で伝えることができたのは事実です。この経験をこれからの人生に少しでも活かしていきたいと思います。